ダイエット情報局 ~新理論“ダイエット脳”であなたを救う~

今までダイエットに成功してはリバウンドしていたあなたへ送る最後のダイエット理論です♪♪

女性の痩せづらい時期・痩せやすい時期とは!?

~女性の痩せづらい時期・痩せやすい時期とは!?~

「女性の痩せやすい時期とは」

 

※個人差がありますが一般論だと思いお読みください。

 

f:id:dietjohokyoku:20161206140353j:plain



すでにご存知の方が多いと思いますが再確認していきましょう^^

女性の方なら一度は経験されていると思いますが、

生理前や生理中は食欲が旺盛になったりする人もいます。

しかし、生理後は痩せやすくなる時期なので、

うまくダイエットに活用しましょう。

生理前や生理中太りやすく痩せにくいので、

なるべく体脂肪を増やさないように気を付け、

生理後の痩せやすい時期にダイエットを始めると

効果的に痩せることができます。

生理前、生理中に食べ過ぎて体脂肪が増えてしまうと、

生理後の痩せやすい時期にダイエットをしても、

増えた分の脂肪を減らさなければならないので、

効果的に痩せることができません。

というのも生理前・生理中は

身体が水分を溜め込むように出来ているため

減量には期待できません。

しかし、生理前、中としっかり普段どおりの

ダイエット習慣をしていると

生理後にドカッと減る時期があります。

なので生理前に体重が減らないからといって

ヤケになって暴飲暴食にはしるのは辞めましょう。

あなたの生活習慣は必ずあなたの身体に返ってきます。 

 

詳しく知りたい方はご一読ください^^

 

 

女性ホルモンは2種類

女性ホルモンは卵巣から分泌され、「エストロゲン」と呼ばれる“卵胞ホルモン”と、プロゲステロンと呼ばれる“黄体ホルモン”の2種類があります。
エストロゲン(卵胞ホルモン)
排卵に関わるホルモンです。卵巣や子宮の発達を促し、女性らしい体つきを作り出します。また、体内のカルシウム量を調整し、骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きもあります。更年期になると排卵がなくなるので、分泌されなくなります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)
女性の生理に関わるホルモンです。子宮内膜や子宮筋の働きを調整したり、乳腺の発達などを促します。妊娠すると常に分泌されるようになります。また、血糖値を正常にして体脂肪を減らすなどの働きもあります。このホルモンが分泌されている間は、イライラしたり精神的に不安定になります。

女性ホルモンとダイエット

では、この2種類のホルモンが、私たちのダイエットにどう関わってくるのでしょうか?
痩せるホルモン、太るホルモン
エストロゲンが多く分泌されている時期は、心身共に体調がよくなり、集中力もアップ。ダイエットや運動の効果も出やすくなります。
反対にプロゲステロンが分泌されている時期は、体が疲れやすくなり気持ちもイライラしがち。水分を溜め込みやすくなるのでむくみが出て、大腸の蠕動運動が低下しするので便秘になりがち。自律神経の働きも鈍くなり、ダイエットの効果が出にくい時期です。
ダイエットをスタートするなら、エストロゲンが分泌されている時期に、プロゲステロンが分泌されている時期は、無理なダイエットは控えましょう。

女性ホルモンと体のサイクル

この2つのホルモンが分泌されているリズムを知って、快適なダイエットライフを送りましょう!
女性ホルモンの分泌サイクル
【生理】 生理がはじまった日から約1週間:エストロゲンプロゲステロン共に一定
 
【卵胞期】 生理終了~排卵前:エストロゲン分泌量増加
 
排卵 排卵日前後3~5日間:プロゲステロン分泌量増加
 
黄体期 排卵後~次の生理まで:エストロゲン分泌量低下
つまり、ダイエットに最適の時期は生理が終わった直後の【卵胞期】。反対に排卵後から生理直前までの【黄体期】は、ダイエットに向いていない時期だということになります。「PMS月経前症候群)」が起こるのもこの【黄体期】です。
PMS月経前症候群)についてくわしくは→「PMSをやわらげよう!